人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックのお話

人間ドックを受ける理由とは

病気はじわじわと進行していき、ある日突然、病気が見つかるという事が良くあります。

この時、健康だったのに、なぜ病気になったのかと、疑問に思う人が少なくありません。実際、病気には急性のものもありますが、大半の病気は急に発症しているのではなく、初期の段階では自覚症状がない為に、気付かず放置され、自覚症状が現れて検査した時にはかなり病状が進行してしまっているのです。

特に、身体は年齢とともに免疫力や抵抗力が減少し、様々な障害が生じます。病気は、進行してからでは完治する事が難しくなっていき、早期に発見し、早期に治療するのが最もいいとされています。病状が進行して治療の方法がないという事がないように、定期的に健康を診断し、病気の有無や健康状態を確認する必要があります。この為に、人間ドックがあるのです。

人間ドックは、病気の治療が目的ではないので、治療行為は行いません。その為、健康保険が効かず、また、体中を検査するので、時間もかかります。この為、健康な状態で人間ドックを行うのは、無駄だと考えている人もいるようですが、人間ドックは健康であるからこそ受ける必要があるのです。

人間ドックを受けて、病気が見つからなかったとしても、現在状況から、病気にならないには、何を注意して生活すればいいかがわかります。また、病気が見つかったとしても、自覚症状のない早期の段階の為、治療方法にも選択性があり、回復もしやすくあります。

人間ドックは、自覚症状に関係なく、普段の健康診断では発見できないような、病気の予兆も発見してくれます。現代の日本人は、様々な生活環境の変化から、様々な生活習慣病を患っており、日本人の成人における病気の死因は、半分以上が生価値習慣病であると言われています。

生活習慣病は、名前の通り、普段の生活の蓄積で発病する為、初期症状を見つけにくいとされています。

しかし、人間ドックは、この生活習慣病の早期発見ができ、早期治療することで生活習慣病の治療や、予防に役立ちます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved