人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの疑問

胃カメラとバリウム

人間ドックでは、胃の観察を行うのに、胃カメラとバリウムがあります。検査方法の異なる2つですが、どっちの方が詳しく検査できるのでしょうか。実は、胃カメラとバリウムは、胃の様子を観察する方法ですが、目的が異なります。

胃カメラは、胃の粘膜の状態を観察したい場合に使用します。胃カメラは、口や鼻からカメラを挿入して、食道、胃等の消化器官をカメラで観察する方法です。カメラで直接中の様子が観察でき、詳しく状態を調べる事が出来ます。特に、胃炎や胃潰瘍といった炎症や、胃がんの発見に効果的です。

ただ、胃カメラは挿入に違和感や不快感を感じるという人が多くいます。カメラを飲み込む事が困難であるとされ、胃カメラを敬遠する人も大勢います。

対して、飲み込むのが楽なのはバリウムです。バリウムは、胃の全体を観察したい場合に向いている検査方法です。

バリウムの検査は、バリウムを含む造影剤を飲み、胃の観察を行います。バリウムが胃の表面につくので、胃の粘膜の状態や、潰瘍が原因で胃に変化が生じている場合に、発見しやすくなります。

また、バリウムが口から胃を通って、十二指腸へと流れていく様子を観察したり、胃全体の形を見る事ができるのがメリットです。

胃カメラも、バリウムも胃の異常を発見する為に行いますが、細かく細部を観察するか、全体を見て異常を発見するかという違いがあります。はじめにバリウムで全体を観察し、異常があれば胃カメラで細部を観察するようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

川村明宏

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved