人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの疑問

人間ドックの受診後

人間ドックは、受けること自体が大事なのではなく、その後、どうするか大切です。

せっかく人間ドックを受けても、受けっぱなしで検査結果を見直さないようではもったいないです。 人間ドックを一度受けるには、まとまった時間とお金を確保し、検査にあたり、採血やレントゲン、バリウムや内視鏡といった多少苦痛を伴う検査も行います。

検査の前日から食事なども制限され、様々なことを我慢して、検査を行います。人間ドックを受けて異常が何もなかった場合、とりあえずは、一安心ですが、今後も生活習慣に気を配り、数値で危ない部分は積極的に改善を行うようにしていかないと、次回の人間ドックではあちこちから、病気の予兆が発見される事になります。

結果に異常がなくても、過去の検査結果の数値と見比べて、少しずつでも上昇傾向にある物には注意するようにしましょう。しかし、結果に異常がない事は事実なので、コレまでの生活習慣を維持し、サプリメント取り入れて見るなどの工夫を少し行うといいかもしれません。

特に、再検査が必要なわけではないが、経過観察が必要であった場合、喫煙や飲酒、また過食といった、悪い習慣がある場合は、見直しが必要です。

そして、再検査が必要だった場合、できるだけ早く指定された医療機関を受診する必要があります。自覚症状がないので、放っておくと一気に症状は悪化します。せっかく人間ドックで早期発見ができたので、早めに治療もしてしまいましょう。

スポンサードリンク

車 買取

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved