人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの疑問

脳ドックとは

脳ドックとは、人間ドックでは通常行わないMRI検査などを行い、脳卒中といった脳の病気を早期発見するための検査です。

現在、日本では癌、心筋梗塞についで、脳卒中が死亡原因になっており、脳の病気も軽視する事はできません。脳の病気であっても早期発見する事が出来れば、十分回復が見込めます。

脳卒中は昭和55年までは、30年間連続で死亡原因の1位でした。脳卒中は、突然発病して重度の後遺症を残したり、死亡してしまう事もあります。

脳ドックでは、無症候性脳梗塞などの自覚症状のないケース場合も、定期的な検査を行うことで、わずかな兆候を発見し、早期治療が可能になります。脳ドックは、まだ人間ドックほど確立していないため、実施する病院によって検査の項目は異なります。

一般的には、脳ドックは、MRIで脳内の血管の状態を検査し、脳卒中に関係があると考えられる心臓病も検査するため、心電図なども行います。脳ドックで、早期発見を目標にしている脳動脈硬化は、血液などの脳へ栄養を送り込む動脈の壁が肥厚する事で、硬くなってしまう病気です。

硬化した動脈は、血液の流れが悪くなるので、詰まって破裂するという危険な状態になります。身体の病気を発見する人間ドックが、病気の早期発見が重要であると言うように、脳の病気も早期発見が重要です。特に、脳は身体でも重要な器官で、定期的に健康状態を検査する必要があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved