人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの検査

肝機能検査

GOTとGPTは、人間ドックなどで肝臓病の有無を検査する際に行われる、最も一般的に行なわれる検査の事です。GOT、GPTは人体の臓器細菌の中に存在し、人体の重要な栄養素であるアミノ酸をつくる助けを行っています。

GOTとGPTは、血液中にも常に一定量存在し、臓器や組織が傷つくと、細胞を復活させる為に分量が増してアミノ酸の生成をおこないます。GOTは主に心筋や肝臓、また腎臓などに多く存在し、臓器の細胞が病気やストレスで損傷すると血液中のGOTの量が増加します。

また、GPTは、肝細胞が変性したり壊死することで、血中に多く分泌されます。このように、GOTもGPTも肝細胞に異常があると、血液中の数値が異常に上昇します。数値の変動は、肝臓病の症状や程度によって差があり、症状が強いほど数値が高くなるという傾向があります。

そこで、血中のGPTもGOTとの血中濃度を調べ、高数値の場合は肝機能に異常があると判断されます。2つの数値には特徴があり、急性肝炎の場合はGPTがGOTより高い数値になり、慢性肝炎や脂肪肝の場合もGPTがGOTよりも高い数値になります。

GOTとGPTの基準値は、GOTでは35IU/l以下 、GPTでは35IU/l以下となっています。また、GOT値が小さいと慢性肝炎や急性肝炎、脂肪肝といった病気の可能性が高く、 GPT値が小さいと劇症肝炎やアルコール性脂肪肝、またアルコール性肝炎といった病気の可能性が高くなります。

人間ドックの血液検査で、GOTとGPTの数値に異常がある場合、CT検査や超音波検査を行い確定診断を行います。早期の場合、肝臓は復活しやすいので、重病にいたる前に治療が行えます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved