人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの検査

血清検査CRP

CRPは、C反応タンパク質の略です。CRPは、炎症や細胞が破壊されると血清中に増加するタンパク質の一種です。

肺炎に特有のタンパク質と考えれられていた事もありましたが、炎症や細胞の破壊によってCRP値が上昇することが現在はわかっています。しかし、この検査のみで、なんの病気か特定することはできません。CRP検査は、病気の進行度や重症度、などを調べる為に行われています。

CRP検査は、白血球数など、ほかの血清検査と一緒に行なわれ、特に血沈値の検査と併用され、病気の経過を調べる事に利用されています。

CRPは細胞に炎症が起こった場合、24時間以内に急増して、2~3日で減少する性質があります。この為、炎症の早期発見を行う事が出来ます。また、ほかの検査と組み合わせて、組織の急速な破壊や病気の重症度を診断することができます。

また、急性心筋梗塞の場合、CRP値は急増するので、心筋梗塞の早期発見に役立ちます。CRPの検査には、毛細管法と生化学的定量法の2種類があります。毛細管法では結成とCRP抗血清を入れて、一晩反応させ、血清中にCRPがあるとCRP抗血清と反応して白い沈殿ができるか確認す方法です。

CRP値が異常であると、人間ドックで判明した場合、炎症疾患や、細菌感染症がないか再検査を行います。炎症に反応するので、単に風邪をひいて喉が炎症していても、CRP値が上昇している場合があります。

しかし、リウマチや気管支肺炎などの炎症を伴う病気の兆候かもしれないので、異常がないか詳しく調べて貰いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved