人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの検査

消化器系検便

人間ドックでは、検便を行い便の状態を検査します。検便検査を行う事で、便から体内の異常を発見する事ができます。

胃や大腸といった消化器官のどこかで出血があった場合、便に血が混じるので、便を採取し少量の出血を確認します。この出血は肉眼では確認できない程少量である事もあるので、普段異常を感じなくても人間ドックで検便検査を行った方がいいのです。

この検査は、便潜血反応といい、消化器官の出血の他に、胆汁を分泌する胆のうや、すい臓などの異常、また腸内に寄生虫がいないかどうかも検査する事が出来ます。

これまで便潜血反応は、血中のヘモグロビンの働きを利用して、化学的に潜血反応が検査していましたが、食事に含まれていた動物の血液などでも反応する事があったため、以前は人間ドックの前は食事制限も必要でした。最近は、人のヘモグロビン単体に反応する方法で行われているので、前日以外に食事制限が行われる事はありません。

便潜血反応では、消化器官の出血を発見し、癌や潰瘍がないかを調べることができます。検便検査で異常があった場合、消化器官に潰瘍やポリープ、癌等ができており、出血している場合は、再検査やX線検査や内視鏡検査を行って、詳しい原因や患部の特定を行います。

消化管出血していなくても、鼻血や痔などの影響を受けて、便に反応がある場合もあります。実際に、消化器官の出血であった場合、食道や胃の癌であったり、大腸癌の可能性もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved