人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの検査

消化器系超音波検査

超音波内視鏡検査は、内視鏡に、超音波検査用のプローブがついたものを使用して検査します。超音波内視鏡は、エコー検査とはことなり、胃や腸中の空気や脂肪、また骨が障害となって、画像が見えにくくなる事もなく、高い解像度で超音波観察を行う事ができ、より詳しく病気の診断が行えるようになっています。

人間ドックで、超音波内視鏡を用いた検査をすることで、食道や胃、大腸、また膵臓といった消化器官にできた腫瘍の有無や、症状の状態を詳しく調べる事が出来ます。

消化器官の内から超音波をあてるので、表面からは決して見えない粘膜下に出来た腫瘍も発見する事ができ、大きさや症状の度合い、周囲の器官に及ぼす影響等を観察することができます。

腫瘍ができていた場合、良性であるか悪性であるかといった、大体の判断を行う事ができ、また、胆石や胆嚢がんなどの検査も行う事ができ、診断が困難とされる膵臓がんの診断で重宝されています。

超音波内視鏡検査の方法は、通常の内視鏡検査と同じように行います。また、プローブがついている分、通常の内視鏡に比べて先端が太いので、挿入の不快感が強く、検査時間も長くなります。しかし、この検査でしか発見できない病気もあり、人間ドックの間だけ我慢するようにしましょう。

一般的には、麻酔をしてから内視鏡を飲みこみますが、慣れた人では麻酔なしでも飲みこめるようになるそうです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved