人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの検査

消化器系内視鏡検査

消化管内視鏡検査は、一般に胃カメラと言われるもので、胃のバリウム検査を行った際に、胃がんや潰瘍があると疑われた場合に行なう最終的な検査です。

内視鏡は、ファイバースコープと、電子内視鏡の2種類があり、ファイバースコープは従来から使用されており、細く柔らかいグラスファイバーでできており、医師が内部を直接覗き込む事で使用します。

電子内視鏡は、最近開発されたもので、内視鏡の先端に超小型カメラ(CCD)を取り付け、テレビモニターに映し出された内部の映像をもとに、診断や治療を行なうもので、今はほとんど電子内視鏡が使用されています。内視鏡は口以外にも、鼻から挿入する方法の方が、患者への負担が少ないとされています。

消化管内視鏡検査では、食道や胃、また十二指腸等に、腫瘍や癌の可能性がある影が見つかった場合、患部を直接観察して、本当に病変なのか、病変であった場合大きさや形、出血等の状態を細かく観察することで。今後の判断を決定します。

癌の可能性がある場合、内視鏡で組織部を採取することで、確実な診断が行えます。内視鏡は、非常に小さい早期の癌であっても、発見観察が可能で、癌の早期治療に役立っています。

内視鏡検査によって、胃や食道になどに、異常が発見された場合は、内視鏡を使って清生検を行い、超音波内視鏡検査などで本格的な病気の状態や、治療方針が決定されます。人間ドックの内視鏡検査では、食道炎、食道潰瘍、食道がん、胃がん、などの病気が発見されます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved