人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックの基礎知識

何歳から受けられるか

人間ドックは、一般的に35歳を過ぎたら一度検査するべきとされていますが、実際厳密な年齢は決まってはおらず、検査機関では20歳以上の成人であれば、検査を受けることができるとされています。

基本的に、人間ドックを受けようと感じるのは、体に不調が出た場合と言われています。人は年齢が高くなるにつれ、免疫力や体力が減少して、病気気になりやすくなる傾向があります。そのため、定期的な検査を受ける必要があります。

一般的には、35歳以上が定期的な健康診断が必要であるとされていますが、これは、20代や30歳前半の時に比べて、疾患の発見される確率が高くなるためです。

時間や金銭的に余裕のある人は、35歳を過ぎたら1年おきに人間ドックを受けた方がいいですが、なるべく5年おきに検査を受けられるようにし、最低でも10年に1度は30歳を過ぎたら検査を行った方がいいと言われています。

人間ドックを受ける年齢は、一般に35歳が基準にされますが、健康状態は個人によって異なるので、20代であっても体調に異常を感じる場合は、人間ドックを受けた方がいいとされています。

人間ドックは保険がきかず、1度の検査で数万円の検査料がかかるので、忙しい事や金銭的な面から避けられがちですが、これらの検診を受けるのは、ほかならぬ自分自身の為であり、病気の症状が進行する前に、発見して治療する事は、どのような病気にも共通して治療できる可能性が高いです。

30代では数年おきに人間ドックを受け、40代以降は毎年人間ドックを受けるのがいいとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved