人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドックのオプション

癌検査

人間ドックの検査によって、主に発見される癌は胃癌が男女ともに最も多く、女性の場合、乳がんの発見率も増加傾向にあります。

人間ドックで癌が発見される場合、8割は早期発見である為、治療や出来た場所によっては症状の進行を食い止め、再発の確率を下げる事ができます。人間ドックの癌検査で主に使用されるものは、PETという陽電子を放出する薬を体内に注射して、陽電子の放射線を特殊なカメラで画像化して検査する方法です。

癌細胞は、ブドウ糖の消費量が正常細胞よりも多く、PETで使用する特殊な薬を多く取り込む事になります。このような性質から、癌があれば薬を取り込んで放射線が放出されている事が、画像から確認する事ができます。PETは、身体の負担も少なく、全員の検査ができることから、何度も通院する必要がありません。

PETは、全身の検査が一度で行えるだけでなく、小さな癌であっても見つけることができます。癌は大きくなるほど進行が速くなり、増殖速度が増すので小さいうちに取り除いてしまえば転移する確率がさがります。

ただ、最終的に体内に入った薬は尿として排出されるので、泌尿器系の癌は発見しにくいと言われています。

PET以外にも、癌の検査を行う装置があり、体を輪切りにするようにX線で撮影するCTや、マンモグラフィーという乳がんの有無を検査する際に使用する装置等があります。癌は、症状が進行してしますと、体中に転移してしまい、治療を行う事が困難になります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved