人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドック用語

ビリルビン

ビリルビンとは、血液に含まれる黄色の色素です。

血液の赤い色素は、ヘモグロビンですが、このヘモグロビンから作られるのが黄色色素のビリルビンです。肝臓障害を起こすと、黄疸という身体が黄色くなる独特の症状が現れますが、これはビリルビンが増加している事で発生しています。血中のビリルビン量を調べる事で、障害の種類を推定することが可能になります。

一般に、赤血球の寿命は120日と言われています。赤血球は、寿命が尽きて破壊されるとヘモグロビンが分解され、ビリルビンに変化します。ビリルビンは肝臓へ運ばれた後、便の一部とや、腎臓で尿の一部となり、体外に排泄されます。

肝機能障害があると、ビリルビンが血液中に増加するので、ビリルビン値を調べて、器官の障害を検査することができます。人間ドックでは、ビリルビンの量も測定されます。

ビリルビンは胆汁に含まれており、体外にでて空気に触れると緑色に見えます。子供の便が緑であったり、嘔吐した際に、胃液だけでなく胆汁もはくと緑の液体をはく事になります。胆汁は、胃液のような酸っぱさはなく、苦みがあります。

人間ドックで、ビリルビンが高いと判断されると、肝機能が低下しているという事になります。また、溶血性の病気で、赤血球が無駄に破壊されている場合も、ビリルビンが高くなります。身体に黄痣が出来るといった症状がある場合は、早めに検査しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved