人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドック用語

ヘモグロビン

ヘモグロビンとは、赤血球中の赤い色素のことです。

血液が赤く見えるのは、ヘモグロビンがある為で、ヘムという色素とグロビンというタンパク質が合体してできています。赤血球のヘモグロビンは、酸素を体中の細胞に運び、二酸化炭素を受け取って肺に運ぶという重要な働きがあります。

体内に必要なヘモグロビンが充分に作られない場合、酸素が十分に行われなくなって、貧血をおこすようになります。また、足りない酸素を補なおうとして、血液の循環が速くなるので動悸や息切れを起こしやすくまります。

人間ドックでは、このヘモグロビン量を調べる検査があります。血中の赤血球数が減少すると、赤血球に含まれるヘモグロビンも減るので、赤血球数とヘモグロビン量を比較して行われます。

ヘモグロビン量の基準値は、男性の場合13.0~16.6g/dl、女性の場合11.4~14.6g/dl となっています。ヘモグロビン量は、妊婦や高齢者は特に低い傾向にあり、ヘモグロビン量が基準値を下回っている場合は、貧血の原因となるので、ヘモグロビンを増やす必要があります。

ヘモグロビンは、肝臓で作られるので牛、豚、鶏のレバーや、生かき、また植物由来ではごまやナッツ類などの鉄分を含むとされる食品を、積極的に食べる事でヘモグロビン量を増やせるとされています。ただ、肉類の鉄分は体内に吸収されにくいので、ビタミン等の野菜と一緒に摂取するのがいいと言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved