人間ドックに関する疑問を解決!

サイトについて 人間ドックの基礎知識 人間ドックの検査 人間ドックの疑問 人間ドックのオプション 人間ドック用語

人間ドック

人間ドック用語

総コレステロールとは

コレステロールとは体内の脂質の事で、コレステロールは細胞の骨格の材料になったり、血管の強度を維持したりと、人体にとって重要な働きがあります。

他にも、コレステロールはホルモンの材料になり、脂肪の分解を促す胆汁酸の主成分という役割があるので、基礎代謝を上げてダイエットを目指す人にはかかせない栄養素です。

このような重要な働きがあるにも関わらず、コレステロールはよくないという印象があるのは、血液中のコレステロールが過剰になって蓄積することで、動脈硬化症といった生活習慣病の原因となる為です。

これまで、和食中心の生活を送っていた日本人にとって、コレステロールの蓄積はあまり問題ではありませんでしたが、食の欧米化に伴いファーストフードや脂性の食べ物が増えたことから、年々日本人のコレステロール値は増加する傾向にあります。

コレステロールが増加すると、血管に付着して蓄積し、血管が詰まる原因となってしまいます。血管が詰まる事で問題となる疾患には、脳動脈で起きる脳梗塞や、心臓の心筋梗塞など、命の危険に関わる重病に進行してしまいます。

総コレステロールを人間ドックで検査することで、動脈硬化や心臓病といった循環器障害がないか検査する事が出来ます。総コレステロールは、人間ドックにおいては血液検査によって行います。

総コレステロールの基準値は140~220mg/dlで、基準値を超えていた場合、動脈硬化になりやすいと判断されます。コレステロール値は低すぎても危険で、基準値より低い場合は、肝機能の異常や栄養不足が心配されます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 人間ドックのお話 All Rights Reserved